にっき

今日サイゼリヤに行こうとしたら駅前の公衆広場の音楽やってる人たちが

よく、タイムマシンがあったらどこに戻りたいとかそういう話するじゃんー、でもおれはそんなものいらない今が楽しいよー、今が一番楽しいし、あしたもそう思えるよー

って言っていて、わたしはそのチープというか単純すぎる考え方に首をひねった、わたしもそう思えるかなって思って、いろいろ思考を巡らせてみたけれどちょっとよくわからなかった。生きてて楽しい、ってよくわかんない。一応わたしは全力で毎日生きている。いつ死んでもいいように。でも楽しいかって言われたら、そうじゃないんだな。楽しくなんか、ないんだ、むしろ作品を作る苦しみ、××の×××××××てる諦念、そういうのばっかなんだな。サイゼリヤに行くのはやめた。

わたしは真っ黒だ。たぶん。

 

絵を描いた。絵の具がぐちゃぐちゃに混ざって、混ざって、汚い作品になってしまった。キャンバスが小さすぎた。くやしい、こんなものではまだ表現しきれない。何者にもなれやしないかもしれない。でもちょっとだけ、楽しかった。絵を描いている時や歌っている時の自分以外は自分とは思えなくて自分あるいは自分像が分裂している。だから描き続けるしかないので時間を見つけては教室に行っている、苦しい、でも生きている感じがする。さみしい、でも生きている感じがする。苦しんでるから生きてる心地がするんじゃなくて全力でやってるからなんだよ。

 

そんな中風邪をひいた、同居人がいたからまだよかったけれど卵とじうどんは自分が作った。起きて携帯を見たらラインでサンマルク行って来るね。彼はのんきにコーヒーを飲みに行っていた、この野郎。結局途中で同居人は帰ってきてわたしは二人ぶんのうどんを作るはめになった、馬鹿やろう。うどんの味は濃かった。二人ぶんを作ることになって、煮すぎて、水分が飛んでしまっていた。二人でテレビを見ながら濃い味の卵とじうどんをもそもそ食べた。風邪の時って何をすればいいんだろう、久々の休みで何をすればいいのかわからなくてごろごろしている。体温はさんじゅーろくどきゅーぶ、熱はないけどはやめのパブロンもポカリも効かなくて、まだ今日になっても風邪は治っていなくて、駅まで行ってやっぱり仕事を休んで帰ってきた。で、冒頭にもどる。